海和俊宏公式ウェブサイト

カイワスキースクール

2022年6月22日

皆様お疲れ様です。更新の間が空いてしまいました。

北海道の6月と言えば、根曲り竹の筍のシーズンとなります。北海道在住当時は毎年、未明に山に行って日の出とともに笹藪を這いずり回ったものでした。こちらに戻ってからは、とんとご無沙汰だったのですが、なんとスクールの川田さんが志賀産の筍を送ってくれました。

先ずは何をおいても、トットと茹でる。その茹でかたの違い。長野では皮を剥いてから茹でるそうですが、北海道では皮に切れ目を入れて、茹でてから皮を剥きます。茹で上がったらマヨネーズ(隠し味に味噌を少し混ぜるのがミソ)を付けて食べる。う~ん最高。3年ぶりの感覚ですよ。

北海道では鳥のモモ肉と煮付けたり、馬腸と味噌炊きにしたりしますが、長野ではサバ缶と煮付けるとのこと。やってみるとこれも美味。久々に筍を堪能させてもらいました。有り難うございました。

P.S.採れたてを皮ごと炭焼きこれも美味。

2022年6月5日

うっ雹

皆様お疲れ様です。先週の金曜日に関東地方に風害や雹が降って被害が出たことは、ご存じですか?群馬と埼玉にかなり被害が出ました。その時私は埼玉県の鴻巣市に居ました。何かのフレーズ通り「一天にわかにかき曇り・・・」風が強くなり、バケツをひっくり返したような雨が来るかなぁ~と思ったのです。確かに風は強くなりかき曇ったのですが、雨はポツラポツラ「大したことねぇ~」だったのです。が、しかし、埼玉県東部に位置する家への帰路に就くにつけ「んっ、街路樹の葉っぱがやたら落ちてるなぁ~」と思っていたら、家に着いてギチョンチョン。「なんじゃいこりゃ~」!!!!!。写真のように、長野から帰って植えた茄子、ピーマン、シシトウの苗が・・・・・涙。クルマのボンネットも写真では分からないかも知れませんが、微妙なクレーターが、嗚呼涙。玄関へのエントランスもドット柄に。嗚呼如何ともし難き哉。まぁ、人的被害無しを良しとして。

2022年5月31日

弾丸、3年ぶり

皆様お疲れ様です。久々にぶち切れて、かち込みをかけたわけではありません。でもまぁ、ぶち切れた感じは当たらずといえども遠からず。3年ぶりの野外フェス行ってきました。白馬岩岳マウンテンリゾートで開催された「HAKUBAヤッホーFESTIVAL」。土曜日の夕方に家を出て日曜日の夜帰宅。埼玉から白馬は結構遠い。未明の車中泊は結構寒かった。環境に悪いとは思いながら背に腹はかえられず、エンジンをかけてしまいました(神様ゴメンナサイ)。

もちろん、それだけの衝動に駆られるのは、見たいアーティストが出るからではありますが・・・・・・・。天気最高、ロケーション最高、ビール最高。19年の「ジョインアライブ」(北海道の夏フェス)以来ですよ。あ~楽しかった。その反動、昨日の仕事は何か抜けていました。どっかの夏フェス行きてぇ~。

2022年5月21日

 皆様お疲れ様です。8日に冬の活動を終えました。早いモノですね。5月もあと10日ほどでしまいです。本当に光陰矢の如しは間違いありません。ジュニア諸子、スポーツで無理できる期間はとても短いです。その時はゲロを吐くような練習がきつくて逃げたく思いますが、振り返ればもっとやっておけば良かった、こうしておけば良かったと思うモノです。代表の言っていることは本当です。夏トレ、大いにゲロを吐きましょう。

 さて私、先週木曜日に埼玉に戻りました。その前に済ませたかったこと、行きたかったところを訪れました。

 その一つは腰のメンテナンス。飛騨高山まで行って参りました。200kmまでは無いにしろ結構遠い。何が遠いぃかって松本まで。行きも帰りも下道で、19号でも403号でも凄くストレスを感じました。松本から高山は100km弱有るのだけれど全くストレスを感じず。う~ん、松本在住で足繁くトレーニングに来て頂いている石〇氏。いつもMなどと言って御免なさいです。こんなに遠くから来て下さっていたとは、感謝感謝です。そのスキーへの情熱に応えるべく頑張ります。(んっ、行き帰りの運転をモノともしないってことは、やっぱりM・・・・・)

 二つ目は善光寺。7年に1度の御開帳。折角、車で40分位でいけるのだからと。参道を一通り歩いて、ご参拝して、お守りのミニチュア御柱を買ってとまぁ普通に。こんな私でも手を合わせるときには、世界、国家、社会の安寧を祈念しました。

 三つ目は、サントミューゼ上田で開催されているミュシャ展。硬派なことを言えば、中村天風→サラ・ベルナール→アルフォンス・ミュシャと繋がるのですが、軟派な話し綺麗な姉ちゃんが好きと言うことでしょうね。綺麗な女性と流麗なファッション。時代が経ても普遍的な輝きを放ち続けている。すげ~。

 綺麗な姉ちゃんは大好きなんだけど展示作品中一番考えさせられたのは「スラブ叙事詩」。彼の出身地はチェコ。古くはローマ、東ローマ、オスマン帝国、ハプスブルク家、第2次大戦後はソ連。民族独自の国家があったこともあるけど、常に隣接する大きなパワーに忖度しなければならない。宗教も民族の神々からカトリック、プロテスタント、イスラム教、東方正教会まで複雑に入り乱れ、一筋縄ではいかない。日本人が一番分からないところです。分かったのは、歴史の教科書で「バルカン半島はヨーロッパの火薬庫」と習ったことを少し実感したぐらいです。思ったこと、ウクライナは長期化しちゃうのかな。

とまぁ話は柄にも無く、少しシリアス路線になってしまいましたが、折々更新して参ります。

2022年5月11日

総括的な

 皆様お疲れ様です。昨年11月からの活動も、8日を以て無事終えることができました。写真のようにホテル回りの緑も、今が盛りと日々濃さを増して居ります。光陰矢の如しとはよく申しましたもので、半年と言えば長いとも言えますが振り返れば、「あっちゅーま」です。

 シーズン中は日々、ポールをセットして、アドバイスをして、ビデオを撮って、ミーティングをする。その繰り返しと言ってしまえばそうなのですが、そこは其れ、そうならないように務めましたが「ゆく川の流れは絶えずして・・・・・・・」とは難しいです。パターンにはまらない様にするには、外を見ることが必要なわけです。そういう意味でシーズン初めの横手山は良かったです。11月の終わりにはポールが張れるようになり、他地域の雪不足も相まって、普段は来ないチームや高校のスキー部が海和ゲレンデに練習に来ました。「こういうセットもありか」とか。ハイシーズン中こういう刺激は中々無く、4月のジャイアント、野沢温泉まで待った感じです。総じて言えることは、たまには外を見ないとセットが甘くなるかな。FISや高校生レベルでは、厳しいセットも立つわけです。KSCの場合、参加選手のどこに合わせるか?が難しいときがあります。易しすぎず難しすぎず、求めるモノが明確なセット。選手が成長できるセット(ちょっと大仰かな)頑張ります。

 そうそう、セットのことで言えば今更ながらのことが、フラグスラロームです。連休キャンプの7日にやったのですが、練習効果が非常に表れました。何でハイシーズン中にやらなかったんだろうと後悔しました。来期は練習カレンダーの中に是非とも入れたいです。あと一つ来期に採り入れたいことといえば、急斜面での練習です。ターンでやることは同じと言っても急斜面で表現するのは、急斜なりの難しさがあります。何が必要か?一言で言ってしまえば「慣れ」。出来ればこれも予定に組めたらと思います。

 今シーズンの参加選手の傾向として、大人の方は沢山来て頂けたのですが、ジュニアが少ないというのがありました。ジュニアを多く抱えているチームを見ますと、普段の練習だけでなく大会でのサポートも活動の一環になっていることを感じます。ニーズとしてはそこに安心感があるのだと思います。そこで成績が出るのは良いことでしょうが、そこに偏重するのは?です。個体差が大きい時期に勝ち負けにこだわりすぎるのは?です。ジュニア期、特に小学生のときは身に付けるべき大切なことが沢山有ります。私的に思うことは腰高のポジショニングとスピード感覚。ゲートトレーニングで言えばいろんな斜面でいろんなセット(ここでFLSもインクルード)、フリースキーならいろんなところで遊べということでしょう。これを全て満たす環境を作ることは難しいにしても、FLS年齢に達したときに大体出そろっている選手になれるような練習をさせたいモノです。

 11月から5月まで滑れる環境があります。上記のことを踏まえ、少しずつでも宜しい方向に持って行けたらと思います。最後になりましたが、KSCのトレーニングにご参加頂いた選手の皆様有り難うございました。横手山、夜間瀬スキー場関係者の皆様環境整備有り難うございました。また、ホームから他のスキー場に行ったとき「誰このおじさん」状態にしないでくれたコーチ選手関係者の皆様有り難うございます。来シーズンもよろしくお願いします。

2022年5月8日

無事終了

皆様お疲れ様です。連休キャンプ10日目無事終了することができました。横手山スキー場索道係の皆様、ゲレンデ管理の皆様有り難うございました。一時は融雪の速さにおののき最終日まで、ゲレンデが持つか否か危惧したものでございます。ご参加頂いたスキー大好きな選手の皆様、また都合が付かずご参加できなかった方々を含め、本当に有り難うございました。キャンプだコーチだと言ったところで、参加してくれる皆様がいらして始めて成立しています。今回は10日間の長丁場でしたが、怪我人を出さずに終われたことも感謝感謝です。正直、転んだ選手が笹藪に落ちていったときは冷汗三斗でした。

スタートからの遠景もはや春を過ぎて初夏の趣。山頂に雪を戴くのみとなりました。皆様のシーズンオフが実り多く有りますよう祈念しております。ジュニア諸子、兎に角スポーツしてください。そしてまた、11月には雪上で再会できることを楽しみにして居ります。スキーばか万歳。

2022年5月7日

連休9日目・・・・FSL

今年の連休も明日1日を残すのみととなりました。

今シーズンもコロナ禍の影響で以前のようなキャンプを行う事が出来ませんでした。

徐々にではありますが6〜7割程度の回復は見られるかと思いますが、まだまだ心許してスキーを出来る状況では無いのが現実です。

そんなコロナ禍に於いても遠くからキャンプご参加頂きまして感謝申し上げます。

残すは明日(5月8日)1日となりましたが最後の1日、スキーを思い存分に楽しみましょう!

2022年5月7日

FSLいいよ

皆様お疲れ様です。連休キャンプ9日目、天気を心配していましたが杞憂に終わる。早朝はカッチカッチやったでぇ~。午前練習も少しスノセメのお世話になりましたが、良いバーンでできました。連休ラスト2日のせいか参加者は少なめ。その分濃いトレーニングができました。かなり久し振りにフラグスラロームをしましたが、良い効果が表れたと思います。簡単に言うとシーズン初めのフリースキーをSLの板でやることの発展型のようなもの。ターンのし易い板で中回転の谷回りを表現する。それをポールでリズム規制された中でやる。フラグが付いたゲートなので順手で滑るわけで躰が回りにくい。後は躰が向いている方向に躰を落として谷回りを作る。といった流れを練習するのに非常に良いゲートトレーニングだと再認識した次第です。願わくば其れ、この感覚を to be continue next season 。

明日はいよいよ最終日。未明の5~6時はマイナス℃、5~18時は晴れマークが出ています。きっと良い練習ができると信じています。GSLです。シーズン最後を一緒に締めくくりましょう。5時50分、第4リフト乗り場。そこにスタッフがいなくても、スタートに直行OK。

ジャマイカナショナルチームのコーチ、今日もいた。フフフッ。

2022年5月7日

連休8日目・・・

大型連休も残り2日間を残すのみとなった!

前半は気温も高く天候が心配されたが後半はいつもの連休のようなコンディションでTRを進める事が出来たようだ。

この連休を最後に今シーズンの滑り納めになる方も多いかと思いますが、少しでも来季に繋がるTRになる事を願うところです。

残り2日間・・・・楽しんでください!

2022年5月6日

8日目

皆様お疲れ様です。中々カッチカッチのコースには、なりませんでした。それでも早朝はスノセメ無しでいけました。世間的にはゴールデンウィーク中ってことだけど、暦は平日なわけで参加者も少なめ。海和ゲレンデでのポールセットもKSCのGSLと他チームのSL2セットのみ。隣を気にせずセットすることができました。

参加者も少なめ、セットも自由となるとトレーニング効果も上がるモノです。ターンをしっかり仕上げて谷回りを作っていく。そのために必要なファクターは?自己満かも知れませんが、参加の皆様来期に繋がる感覚を見つけられたんじゃないかなぁ~っと。

さて、明日の種目はフラグスラロームです。昨日のブログにも記しましたが、防具は要りません。SLの板でなくてもOKです。第4リフト乗り場に5:50ですが、KSCスタッフがいない場合は直接スタート地点にお越しください。受付は後回しで結構です。後2日、頑張って参ります。

明日も未明でプラス2℃か~。冷えて呉れ~。

2022年5月6日

連休6日目・7日目・・・・

昨日HPアップする事が出来ず申し訳ありませんでした。

本日、2日まとめて6日目のGSLと7日目のSLを下記アップ致しました。

連休も昨日SLを最後に今シーズン終了された方が多いのではないでしょうか?

スクールはこの週末8日までキャンプを行い今シーズン最後になるかと考えております。

居残りでキャンプご参加の皆様、最終日まで気を抜く事なく怪我の無いように十分に注意し最後のスキーを楽しんでください!

2022年5月5日

1本目、FLS

皆様お疲れ様です。連休キャンプも7日目を終了しました。天気は良かったのですが放射冷却は現れず、昨日一昨日の様なバーンにはなりませんでした。それでも早朝はスノセメ無しでいけました。

さて、今日の種目はSL。特にジュニア諸子に言いたいこと。技術のことは、さておいても気持ちが大切。1本目に持てる全てを出し切って攻める。攻めるってことは、ギリギリのバランスでいくこと。失敗リカバリーは当たり前。ラインを落とされたり、バランスを崩したぐらいで諦めていたらランキングを上げることなんて絶対できません。練習の1本目を簡単に諦める者は、試合でも同じことをします。危険やケガを伴わない限り、果敢にアタック、ちょっとやそっとでトキらない。そこに技術がついてきます。

明後日で7日の種目、FLS ーフラッグスラロームーについて。GSLのフラグを付けたゲートを使ってのスラロームです。普通のSLとの違いは、フラグを付けたゲートなので逆手はできません。順手のみでのSLとなります。従ってヘルメットのチンガードやレガースは必要ありません。板はSL用を使いますが、ラディウスの小さいGSLの板(15mとか17m位)でも十分練習になります。ストックワークやローテーションを矯正するのにとても良いトレーニングです。是非ともチャレンジしてみて下さい。

写真は特別招聘したジャマイカナショナルチームのコーチ。もちろんジョークです。

2022年5月4日

3日の練習でも

皆様お疲れ様です。昨日程の冷え込みは、有りませんでした。でも、早朝らしい硬さでバーンが割れることもなく、良い練習ができました。コース整備は1回のみ、9本も滑れました。それでも気温の上昇が早く、午前練習ではスノセメを3袋使いました。

今回初めてKSCのトレーニングに参加された方も居られます。少しでも今までにない感覚を感じてもらおうと、表現がワンパターンにならないように頑張っています。ご本人の上手くなりたいという思いとそれがシンクロして共鳴したとき、短い期間でも凄くトレーニング効果が上がります。残すシーズンもあと僅か、来シーズンに繋がる感覚をモノにして終わりましょう。連休キャンプも後4日。

2022年5月4日

連休5日目・・・・GSL

本日もこの時期のバーンコンディションになってくれたようですね。

連休に入る前は連休最終日まで雪が持ってくれるのか・・・・・・・そんな事まで心配しましたが、連休に入ると同時に天候が崩れ冷え込みも同時に伴って来た感じです。

残り少ないスキーシーズン・・・・何とか最終日までこの条件であって欲しいですね!

明日からも頑張って滑ってください!

2022年5月3日

カッチカッチ

皆様お疲れ様です。予想通りでした。連休キャンプ一番のハードコースになりました。カッチカッチやでぇ~。早朝トレーニングをこの時期やる醍醐味はこれやでぇ~っと。20名以上の選手皆様に集まって頂き、第4リフトの回転の良さも相まってスタートでの待ち時間が多くなってしまい心苦しかったです。それでも早朝で7本、午前練習でマックス8本いけました。あれだけ硬いコースでこれだけの本数を滑ると、リチウムイオンパワーの小中学生は元気にいけるけど、ニッカドパワーのおじ様方は正直いっぱいいっぱいだったと思います。

明日朝にかけての天気の推移を見ると、今日ほど冷えないけど最低気温はマイナス。天候は晴れ。良いコースができるんじゃないかなぁ~っと期待持ってます。

GSLキッチリやります。5時50分横手山第4リフト乗り場まで。リフト券は断然アソビューがお得。

2022年5月3日

連休4日目・・・・SL

早朝は曇っているように見えましたがこの時期の気温になったようですね。

今年は気温が高くこの時期本来のカチカチバーンにならないのではと心配していましたが・・・・やっと!

いいTRが出来たようでほっとしています。

連休後半も冷えて欲しいですね!

ご参加の皆さん頑張って滑ってください。

私はビデオで毎日拝見しています!

2022年5月2日

この時期らしさ

皆様お疲れ様です。連休キャンプ4日目。やっと今時期らしい環境が整いました。未明の冷えが、しっかりコースにはんえいされました。このキャンプの中でベストなバーンでした。

某ウェザーニューズを見る限り、夜半から未明の冷え込みはマイナス、しかも6時からは晴れマーク。明日もベストなバーンが期待持てます。是非、ご参加ください。

5時50分第4リフト乗り場に。明日の練習はGSLです。済みません。睡魔に勝てる術は無し。

2022年5月2日

連休3日目・・・曇り

連休に入ってから天気が安定しませんね!

早朝から硫安投入だったようです。

硫安効く雪で良かった!

連休フル参加の方はオーバーペースにならないように体調を整えてながらお願いします!

2022年5月1日

5月だって

皆様お疲れ様です。5月になりました。未だウィンタースポーツに精を出しています。キャンプは3日目です。コース状況は今日が1番良かったです。天気予報を見ると未明はマイナスです。明るい時間は晴れマークです。今日より良くなると思います。良い練習ができると信じます。明日はSLをやります。リフト券はアソビューがお得です。早朝券と1日券が付いて、7000円のところ半額の3500円です。第4リフト乗り場でお待ちしています。

2022年5月1日

連休2日目・・・・

皆さん2日目のTRお疲れ様です。

4月の新雪・・・・・喜んでいいのか・・・・実はコーチ泣かせ・・・・陽が射せばスキーヤー泣かせ・・・・

昨日の動画を見てください!