海和俊宏公式ウェブサイト
2019年1月7日

五藤ポール入門キャンプ

午前中より五藤が担当しますポール入門キャンプが始まりました。

正月休み後の平日3日間のキャンプですが、毎年の様に参加して下さる方もいて誠に有難いです。

今回初めて参加頂いた方が3名・本日は合計9名の方にご参加頂きました(*^_^*)

朝起きた時には曇っていたものの冷えていて、ポールセットのために8時にゲレンデに出た時に-5℃、冷えもありゲレンデコンディション良好でした。

 

トレーニングはポールトレーニングの前にフリートレーニングにて各々の大回り・GSLの滑りを見せて頂きました。

フリートレーニングでは全体的にリズムが早めで、スキーへの圧や重心の位置が安定していない方が多く見受けられました。

そのためリズムをゆっくりにしてニュートラルポジションを意識して頂くことにより、スキーへの圧が増えて安定感が増しました。

ポールセットは入門キャンプなので、恐怖心・圧迫感が少なくなる様に内側にショートポールを立て、滑走ラインの補助のマーカーを入れたポールセットの中で行って頂きました。

補助マーカーが入ると、どの辺りのラインを通るか・どの辺りからターン始動をしてどの辺りまでスキーに圧をかけているかが判り易く、ポール初心者でも滑り易いくなると思います。

しかしながらポールが初めての方や久し振りに滑る方は、規制されたポールへの意識が強くなりフリートレーニングで矯正や意識出来ていたことが上手く出来なくなることがあると思います。

 

午後も最初は斜滑降を使ったフリートレーニングにて、スキーと重心の位置関係・エッジングの方法・上半身の使い方を確認と矯正を行い、それをポールの中で試して頂きました。

全体的にはポールの中では余裕が無くなりフリートレーニングでの矯正出来ていたことが上手く行かない時もありましたが、滑走本数が増えて来ると徐々に良くなって来ています。

明日は本日のミーティングで確認した身体の動きをまずはフリートレーニングで試して頂き、それをポールの中でも出せる様にして行きましょう(*^_^*)