海和俊宏公式ウェブサイト
2020年2月14日

五藤ポールキャンプ

 

午前中より五藤が担当しますポールキャンプが始まりました。

今回は金曜日から日曜日までの週末を含むキャンプになります。

天気予報通りに朝から暖かかったのですが、予報よりも気温が下がり、朝いちは気温が下がってくれたお陰でまずまずのゲレンデコンディションでした。

しかしながら午後2~3時頃が最高気温の予報が出ていたので、途中で小休止を取り続けてトレーニングを行わせて頂きました。

トレーニングは最初にフリートレーニングにて各々の大回り・GSLの滑りを見せて頂き、フリートレーニングの中で意識・矯正頂き、それをポールの中で試して頂きました。

ポールセットは初日のこともあり、リズム変化は1箇所判りやすい形で立て、前半はラインやタイミングがイメージしやすい様に補助のマーカーを入れた中で滑って頂きました。

フリートレーニングでは重心の位置が安定している方が多かったのですが、ポールに入ると規制をされるのでターン後半や切り換え時に重心の位置が後ろにさせられる方も見受けられました。

それに曲がりたい気持ちが増えるためにローテーションが増えてしまい、結果スキーの性能が引き出しにくくなる方も見受けられました。

最初は少し余裕を持ったラインとタイミングで滑って頂くのも良いと思います。

後半のトレーニングも始めにフリートレーニングを行い、腰の前後の位置の矯正をかけたエクササイズを試して頂きました。

後半のポールの滑りは、前半でアドバイスさせて頂いたことを意識されて滑ることが出来ている方が増え、全体的には良いフィーリングの方が多くなったと思います。

良くなるとターンスピードが速くなり重心とスキーの位置関係・スキーの反発により切り換えでの上半身の前傾が起こされる場面も出やすくなります。

下半身がメインではありますが、安定して滑るためには上半身の使い方の意識も重要です。

本日は曇りの天気に助けられ、後半は表面は緩みましたが予想よりも気温が上がらず、終日まずまずのバーンコンディションでトレーニングが出来ました。

ポールバーンは今の所ドリル1本は入るので、何とか予報は気温高めですが予報よりも低くなってくれることを願っています。

ビデオミーティングで矯正点・イメージを確認させて頂きましたので、明日は確認した身体の動かし方を足元を感じながらトライして頂きたいと思います。