海和俊宏公式ウェブサイト
2022年6月22日

皆様お疲れ様です。更新の間が空いてしまいました。

北海道の6月と言えば、根曲り竹の筍のシーズンとなります。北海道在住当時は毎年、未明に山に行って日の出とともに笹藪を這いずり回ったものでした。こちらに戻ってからは、とんとご無沙汰だったのですが、なんとスクールの川田さんが志賀産の筍を送ってくれました。

先ずは何をおいても、トットと茹でる。その茹でかたの違い。長野では皮を剥いてから茹でるそうですが、北海道では皮に切れ目を入れて、茹でてから皮を剥きます。茹で上がったらマヨネーズ(隠し味に味噌を少し混ぜるのがミソ)を付けて食べる。う~ん最高。3年ぶりの感覚ですよ。

北海道では鳥のモモ肉と煮付けたり、馬腸と味噌炊きにしたりしますが、長野ではサバ缶と煮付けるとのこと。やってみるとこれも美味。久々に筍を堪能させてもらいました。有り難うございました。

P.S.採れたてを皮ごと炭焼きこれも美味。