海和俊宏公式ウェブサイト

2020年08月のブログ

2020年8月10日

山の日・・・・

この数日暑い日が続いていますね!

暑中お見舞い申し上げます!

皆様には呉々も熱中症に気を付けてお過ごし下さい。

例年通りであればこの時期はテニス合宿でよませスキー場も暑さに負けず活気あるお盆を迎えているはずですが、今年はシーンと静まり返っているよませスキー場になっております。

今日はよませスキー場の標高でも暑く、山の日と言う事もあり午前中に横手山スキー場へ涼みに出掛けに行ってみました。

今年のお盆はコロナの影響もあって各高速道路の渋滞が少なく移動には快適との事ですが、標高2000メートルは天候に恵まれ渋滞・・・・・・多くのお客様で混雑していました。

 

この標高まで登ればマスクを外し思いっきり深呼吸したいですね!

新型コロナ禍でもこの景色は何も変わりません。

ところで、よませスキー場の夏は殆どキャンセルと、夏の営業始まって初めての事に戸惑いと不安でいっぱいですが、こればかりは考えても仕方ない事と割り切り、このスキーシーズンの準備に全力で取り組んで行きたいと思っています。

2シーズン前から、シーズン初めの11月から5月連休過ぎまでを横手山・渋峠スキー場にお世話になりスクール活動を行って来ました。今シーズンも全国的な雪不足と言いながらも自然雪で6月上旬まで滑走出来る標高と降雪量には驚かされたシーズンでした。

そんな横手山・渋峠スキー場にこのシーズンより新型スノーマシーンを導入する事が決定し、計画通りに工事が進めば11月中にはオープン出来るようになります。

将来的にスノーマシーンが導入出来ればと考えていたのですが、このように早い段階で実現するとは考えもしていなかった事に驚きと興奮でいっぱいです!

横手山・渋峠スキー場社長初めとする関係者の皆様のスキー場への思いが強いですね!

本当に楽しみなスキー場です。

11月のシーズンインキャンプ早期合宿から、5月連休過ぎまでのゲートTRを安心して計画する事が出来る事になると共に日本で一番早く、一番遅くまで滑る事が出来るスキー場としてスキーヤーの皆様やボーダーの方々に長い期間楽しんでもらえると思っています。

最新スノーマシン導入で横手山スキー場並び熊の湯スキー場一帯は11月のシーズン初めや5月連休以降の「スキーのメッカ」になること間違い無いですね!

この先、まだまだ不安を拭いされる状況ではありませんが下ばかり向いてても仕方ないので、しっかり前を向き普段通り数ヶ月後にスキーを楽しめる日が来るものと願いつつ準備して行こうと思っています。

https://yokoteyama2307.com/news

皆様には、お盆で帰郷される方も多いかと思いますが、呉々もお身体をご自愛されます事を願っております。

 

2020年8月2日

未だ先が見えない8月・・・・・・

大変長い間のご無沙汰でした!

ホテルカイワ&スキースクールをご利用の頂いている皆様には如何お過ごしでしょうか?

年明けから囁かれたこの新型コロナウイルス、3月頃から感染拡大に伴い、4月には緊急事態宣言が発令されホテルやスキースクール営業の自粛が始まりました。ホテル営業は3月11日を最後に休館・・・・・スキースクールも4月上旬から自粛となってしまいました。

4月から、5月、6月、7月・・・・・完全休館と厳しい状況です。

一時、5月から6月頃には感染者数も減少し収束の兆しも感じられた事もありましたが、7月中旬以降は毎日のように感染者数を更新するなど全国的に一段と感染数値が右肩上がり状態になっています。

本来であれば、この8月に入ると同時に学生のテニス合宿でよませスキー場は冬季間以上に学生の声で賑やかになっているはずが・・・・・・・・今年は全ての合宿がキャンセルになってしまっているのが現状です!

新型コロナウイルス禍では致し方無いと理解しているつもりですが、やはり仕事が出来ない事、そして計画が立たない事、この先スキーシーズンの事を考えると毎日が不安との戦いです!

毎年の如く、KSCジュニアサマーキャンプを開催するよう計画して参りましたが、「第2波」とも言われる中、地方では「第2波非常事態」を宣言する自治体もでるなど状況が著しく厳しくなっています。

本来であればサマーキャンプご案内の記載をする所ではありますが、ジュニアの皆様の健康、安全を考え、今月KSCサマーキャンプ開催予定しておりましたが 「中止」 とさせて頂く判断を本日致しましたのでHPにてご報告させて頂きます。

大変勝手ではありますがどうぞご理解とご協力頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

今後のキャンプに関しては、推移を見ながらシーズンに向けたキャンプを計画して参りたいと考えておりますのでどうぞ宜しくお願い致します。

ジュニアの皆様には、このコロナウイルス禍でシーズンに向けたモチベーションを保つ事が大変難しい事と思いますが、日本のジュニアに限らず世界中の子供達(レーシングスキーを志す)が同じ状況で目標に向かい努力している事を忘れる事なく日々の時間を過ごして欲しいと願っています。

カイワスキースクール

海和俊宏