海和俊宏公式ウェブサイト

2022年06月のブログ

2022年6月30日

半年過ぎぬ

皆様お疲れ様です。日々猛暑に苛まれて居りますね。今日も「あぢぃ~」で6月が終わりました。梅雨寒は季語なんですが、使うに憚られると思っている内に梅雨明け、何なんでしょうね?7月になるってことは、4ヶ月と少しで雪の上?まじか?何はともあれ猛暑厳しき折、体調には十分ご留意くださいませ。健康第一、還暦にてつくづく思います。では、また。

2022年6月28日

あぢぃ~

皆様お疲れ様です。ニュースや天気予報で騒がれまくっています。恙なくお過ごしでしょうか?猛暑日が4日続いたそうです。明日も間違い無くと言うことで5日連続確定。2リットルの水筒、命。それでも足りず、コンビニでスポーツドリンクを補充。4リットルを常時消費という日々です。

アスファルトの上に立ち、頭上からの直射日光、足元からの輻射熱。車の流れが切れたとき、遠くに逃げ水を見ながら、人参を振っています。休憩時間に逃げ込む、川べりの木蔭。実際の温度差とか、体感的にどうのこうのとか、そんなことを超えて、その涼しさに癒やされます。

写真のような、埼玉の原風景を残す川べり。反対側の橋の上はクルマがひっきりなしに。だから派遣されているわけですが。

今日の現場作業員のおじさん達。その使う言葉が何だろうか。懐かしい?いやそんなことを超絶して胸に入り込んでくるのです。私が小学生の低学年ぐらいまでに、良く聞いていた埼玉県東部の在の(土着という意味に近いかも)言葉です。埼玉は生まれてから北海道に行くまで過ごしていた間違い無く故郷なのですが、ついぞ聞くことも無く50年以上ぶりの邂逅です。その言葉をBGMにこの風景に触れると否が応でも、ここは私の育った場所です。

2022年6月22日

皆様お疲れ様です。更新の間が空いてしまいました。

北海道の6月と言えば、根曲り竹の筍のシーズンとなります。北海道在住当時は毎年、未明に山に行って日の出とともに笹藪を這いずり回ったものでした。こちらに戻ってからは、とんとご無沙汰だったのですが、なんとスクールの川田さんが志賀産の筍を送ってくれました。

先ずは何をおいても、トットと茹でる。その茹でかたの違い。長野では皮を剥いてから茹でるそうですが、北海道では皮に切れ目を入れて、茹でてから皮を剥きます。茹で上がったらマヨネーズ(隠し味に味噌を少し混ぜるのがミソ)を付けて食べる。う~ん最高。3年ぶりの感覚ですよ。

北海道では鳥のモモ肉と煮付けたり、馬腸と味噌炊きにしたりしますが、長野ではサバ缶と煮付けるとのこと。やってみるとこれも美味。久々に筍を堪能させてもらいました。有り難うございました。

P.S.採れたてを皮ごと炭焼きこれも美味。

2022年6月13日

夏合宿を願って・・・・

ご無沙汰でした!

6月に入り既に2週間過ぎようとしていますねぇ。

時間の経つのは早いものです!

先週末は大々的なスキー受注会が都内で開催されたようで・・・・・色々な方のFBを拝見すれば随分賑わっていたようで良い事です!

コロナ禍で、この数年イベントも規制され、なかなかお客様の集客には難しい所がありましたが、だいぶ緩和されどのイベントも賑わって来ている感がありますね!

我々も、2年間夏営業が出来ていなかったので、この夏には是が非でも営業したいと思っているのですが・・・・・・このまま安定してコロナ感染症が収束方向にあってくれる事を願っている所です。

 

ところで、その夏の学生合宿に合わせ毎年この時期に植え付ける「キュウリ」、今年も14本の苗を本日植え付け致しました。

後は自然に育つのを待つだけ・・・・・・消毒もしないのですが毎年良く育ってくれます。

今年はキュウリ+ピーマン2本+ミニトマト+大葉・・・・・・も植えてみました。

はたしてどうなる事やら・・・・・全く消毒も無しで、自然に育つのを待つだけなので、時間が経ったてみないとこればかりは分かりません。

こんなに小さな畑でも作業やってみれば大変・・・・・農業高校卒業している自分としては、この程度の畑は容易い事かと思いきや・・・・農作業はあまり得意ではありませんが、我ながら上手く植え付け完了しました。

収穫が楽しみです!

2022年6月5日

うっ雹

皆様お疲れ様です。先週の金曜日に関東地方に風害や雹が降って被害が出たことは、ご存じですか?群馬と埼玉にかなり被害が出ました。その時私は埼玉県の鴻巣市に居ました。何かのフレーズ通り「一天にわかにかき曇り・・・」風が強くなり、バケツをひっくり返したような雨が来るかなぁ~と思ったのです。確かに風は強くなりかき曇ったのですが、雨はポツラポツラ「大したことねぇ~」だったのです。が、しかし、埼玉県東部に位置する家への帰路に就くにつけ「んっ、街路樹の葉っぱがやたら落ちてるなぁ~」と思っていたら、家に着いてギチョンチョン。「なんじゃいこりゃ~」!!!!!。写真のように、長野から帰って植えた茄子、ピーマン、シシトウの苗が・・・・・涙。クルマのボンネットも写真では分からないかも知れませんが、微妙なクレーターが、嗚呼涙。玄関へのエントランスもドット柄に。嗚呼如何ともし難き哉。まぁ、人的被害無しを良しとして。