海和俊宏公式ウェブサイト
2020年3月21日

automatic

皆様こんばんは。

横手山早朝キャンプも2日目、いやぁ最高のコースコンディションでした。まぁそれは選手にとっては難しい状況でもある訳ですが。

さて、今回のタイトル。別に宇多田ヒカルのことを書きたいわけじゃなく(古)。スキーにしろ仕事にしろ「引き出しを増やせ」とはよく言われます。「エッヂを雪に入れていく感覚」「谷回りで躰を落とす感覚」といった体の使い方に関するもの、「急斜面に入っていくときのライン取り」「ゴール前での板の落とし方」タクティックスにまつわるもの等エトセトラエトセトラ。それぞれ引き出しの数の多さ、中身の差はあっても誰でも持っているものです。

引き出しは誰でも持ている。例えば、半日の練習。コーチが体の使い方を「こうしてみろ」、ライン取りを「ああしてみろ」と。1本目に比べ4本目はとても良くなったというはなし。選手が感覚を上げられたのもあるだろうけど、選手の持っている引き出しを開けてあげたと言う側面は絶対にあります。持ってるものを表現できなかった。

大切なことは何か。引き出しの数を増やすこと、その質を上げること。そして、その引き出しを状況に応じて適宜自動的に引き出せること。そうオートマチックに。(ふ~やっとたどり着いた)。

う~ん、スキーって難しい。

吉岡でした。