海和俊宏公式ウェブサイト
2020年9月4日

秋の気配・・・・

皆様、久し振りの書き込み長らくご無沙汰致しておりました。

いつものよませスキー場であれば9月上旬にもなれば暑い夏も終わり一気に秋が進む時期でもあるのですが、今年はこの時期になってもまだまだ暑い日が続いています。

今年はコロナ問題にしても、この暑さにしても、学生の居ないよませスキー場にしても、今まで経験の無い夏を過ごして来ました。

まだまだ新型コロナウイルス収束の見えない中、次期スキーシーズの準備も進めなければならない所ですがなかなか先が見えない状況下で一歩一歩進めているところです。

そんな中、以前にもHPに記載させて頂きました横手山スキー場への降雪機設置がいよいよ本格的に進み、本日人工降雪機設備工事起工式を横手山スキー場第四リフト(カイワゲレンデ)下で行う事が出来ました。

本日も下界(夜間瀬、中野市)は気温30度以上の暑さになっていますが、やはり志賀高原横手山まで登れば冷んやりと涼しく快適な気温、朝夕の気温は20度を切るまでに下がります。そんな日本国内で一番標高の高い所への人工降雪機設置と言う事もあり、今シーズンより確実にスキー場オープン日を特定しスキーヤーの皆様をお迎えする事が出来るゲレンデになります。

熊の湯スキー場同様に、このエリア一帯がシーズン初めのスキーメッカとなるものと楽しみにしている所です。

新型コロナウイルス禍の中で次期スキーシーズンもどのようにお客様を受け入れて行く事が出来るか・・・・宿泊業、スキースクール、リフト、ゲレンデレストラン、レンタルetc

営業に当たり課題は山積状態でもありますが、お客様の安全、スタッフの安全を考慮し少しでも前進出来るように取り組んで行こうと考えています。

例年、シーズンインキャンプは計画はするものの不定期になってしまう事がしばしばですが、この度の人工降雪機設置により、限りなく予定通りにゲート練習が出来る日程を算出する事が出来る事は、我々レーシングスクールを運営する者としてはこんなに嬉しい事はありません。

よませスキー場がオープンまでの約2ヶ月間は、今シーズンも横手山スキー場をベースに毎日レーシングキャンプを行って参りますので是非楽しみにしてください!

春スキーの話をするのはまだまだ先の事ですが、人工降雪機設置に伴いスキーシーズンが確実に半年間(6ヶ月間)になりました。

まだまだ残暑厳しい9月ですが、今年の横手山スキー場はもう2ヶ月もすればシーズンインを迎えます。横手山スキー場オープン予定は11月第2週末・・・・楽しみですね!